3歳児からの受け口治療


3歳児からの受け口治療について

3歳児からの受け口治療には“ムーシールド”といわれる、矯正装置を使います。

ムーシールドを使うことで、受け口(反対咬合)を永久歯が生えるまで待つことなく、3歳児からでも受け口の矯正治療ができます。利用方法は非常に簡便で、就寝中にマウスピース型の装置をくわえるだけです。幼い子にも負担が小さく、治療に要する期間も長くて1年間と、非常に短期間で治療することができます。また針金をお口の中に通す必要もないので、ほとんど痛みを感じることもありません

なぜ3歳児から受け口治療を行うのか?

3歳児からの受け口治療

幼少時に親御さまが心配されて歯科医師に相談しても、「永久歯になれば改善されることもあるので、しばらく様子見ましょう。」と言われることが多かったと思います。

確かに『幼児期の受け口(反対咬合)は自然治癒が見込まれる』と言われます。実際2歳まで受け口(反対咬合)だった子は、成長と共に自然治癒可能性は50%と高いのですが、3歳の時点で受け口(反対咬合)だった子が自然治癒する可能性はとても低くなります。そのため、ムーシールドは3歳頃から開始する事をおすすめしております。

また永久歯で受け口治療を行う場合には、ワイヤー矯正などを行う必要がありますので、患者様にとっても大きな負担となります。そのため、幼児期に治療を行っていると、将来の補足的な治療を行ったとしても、1から開始することに比べると、期間的にも費用的にも大きな差がでます。

ムーシールドのメリット

  1. 幼児期に治療を行うことができる。
  2. 通常の矯正にあるようなワイヤーは必要なく、マウスピースを就寝時にはめるだけでよい。
  3. 通常の矯正に比べ、1年と非常に短期間で終了できる。
  4. ワイヤーを入れないので、患者様のストレスが少ない。

このような方はお気軽にご相談ください。

  • 3歳児検診や幼稚園、保育園の歯科検診で受け口を指摘された方。
  • 「しばらく様子をみましょう」と言われたが気になる方 ・ 受け口がだんだんひどくなっている方。
  • ムーシールド治療を開始した方がよいか、しばらく待った方がよいか、お悩みの方。


大阪阿倍野矯正歯科センター

医療法人 青空会 足立歯科クリニック

住所

〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町 2-18-1 有馬パレス阿倍野 101

診療時間

9:30~21:00
9:00~19:00
9:00~13:00
土日祝も診療
ご質問・お問合せはこちら
Freedial 0120-4618-44 / TEL 06-6621-8241